【広島お好み焼き】 いっちゃん レシピ@ホットプレート / 市居馨さん
<生地(4~5枚分)>

薄力粉 100g
塩   ひとつまみ
牛乳  250ml
卵   1個

<具(1枚分)>
粉がつお or 魚粉 ひとつまみ
キャベツ 250g
天かす  5g
もやし  40g
豚バラ肉(薄切り) 2~3枚

お好み焼きソース 適量
青のり粉     適量

1.ボウルに薄力粉、牛乳、塩、卵の順に入れ、泡だて器でダマをほぐすように混ぜ合わせ、30分ほど休ませる。
 (ポイント)
  牛乳と卵を入れると、生地を伸ばしやすくなり、作りやすくなる。
2.キャベツの葉を1.2cmに千切り。芯は約7mmで千切りする。
 (ポイント)
  柔らかい葉は幅広く、固い芯は少し細めに切り、焼き上がりの食感を調整する。
3.160℃に温めたホットプレートにサラダ油をひき、(1)の生地をおたまで素早く20cmほどに広げ、粉がつお、または魚粉をふりかける。
 (ポイント)
  160℃より温度が高いと、生地がうまく伸びない。
4.温度を250℃に設定し、3の上にキャベツをやさしくふわっと置く。
 (ポイント)
  キャベツとキャベツの間に隙間を作ることで蒸気の通り道ができ、早く焼ける。さらにキャベツの甘みが引き出せる。
5.(4)に天かす、もやし、豚バラ肉をのせ、1分ほど焼く。
6.ヘラで5を盛るときと同じようにやさしく裏返し、5分ほど焼く。
 (ポイント)
  蒸気の通り道を維持するため、できるだけ触らないで待つこと。周りのキャベツが焦げてきたら、それを生地の下に入れ込むか集めて、お好み焼きの真下に来るようにする。
7.ヘラの端で生地を上から押して抵抗感なく下がったら、キャベツが十分に蒸せている目安。
 (ポイント)
  春キャベツや寒玉などキャベツによって、最適な蒸し時間も変わる。そのことを考慮せずに仕上がりを判断できる手段がこれ。
8.ホットプレートの空いているスペースに、ゆでた中華麺を置きサラダ油を少量たらし、軽く炒める。
9.(8)の上に、お好み焼きをのせる。
10.ホットプレートの空いているスペースに卵を割り、ヘラでお好み焼きと同じ大きさに広げ、お好み焼きをのせ、裏返す。
11.お好み焼き用ソースをかけ、青のり粉をふり、完成。
作った。上の通りに。

ああ、広島のお好み焼き(関西のモダン焼きみたいの)ってこういうものかぁと理解できるくらいに美味しくちゃんと出来た。関西の粉ベース(グルテン)な、ピザみたいなのでなくて、広島のはキャベツベースの野菜ふわふわ焼きそば、だ。

美味しかった。ヘルシー。どっちが美味しいとかではないなって感じ。どっちも美味しい。てか、食べたこともないのに自分で再現できた事が凄い。市井さんのレシピが凄い。

これで広島焼き、食べに行かなくても良くなった。よかよか。(ソースはやっぱおたふくなんだろうか。そこだけが未だ分かってない、僕は兵庫・大阪のソースで食べているから)
関連記事
2020/05/04 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【簡単】 お惣菜の揚げ物の温め直し方 | ホーム | 【イギリス】 子供の外出規制緩和>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

https://jiro.blog.fc2.com/tb.php/1471-bd196cde
| ホーム |