【MacBookを外部モニタで使う時】 クラムシェルモードの豆知識
MacBookを外部モニタで使う時、つまりMacBookと外部モニタをデュアルディスプレイとして並べて2つとも使うんでなくて、外部モニタ単体だけに表示して使う場合は、クラムシェルモードつって、MacBookは閉じた状態で使う。

でもMacBookを閉じると2015年?くらい〜の奴は無条件にスリープモードになってしまうので、それを防ぐために電源を差した状態にする。

というコレは一般的常識。

で僕は、クラムシェルだと本体スピーカーは鳴らなくなるので(ま、当たり前か。鍵盤の左右にスピーカーはあるので、閉じた状態で鳴ってもモゴモゴいってるだけになるから)、てっきりヘッドフォン端子も死んでるんだと思ってたら、何と生きている、という事。

Point1:クラムシェルモードでも本体のヘッドフォン端子は生きているので、
本体ヘッドフォン端子は繋いだら鳴る。


次に、僕はMacBookを閉じる、という事がそもそも嫌なので(それでなくとも高精細の外部モニタだとCPUを使うのか、熱を持ちやすいので)、開いたままで使いたい。でなんなら本体スピーカーからも音鳴らしたりしたい。

となると、クラムシェルモード(外部モニターを本体のモニターとして使う)でなくて、もう普通にデュアルディスプレイとして使って、で、本体のモニターの画面だけ消えてくれてれば良いって要件になる。

そんな事出来るのか。出来るんだな。なんと無料!のソフト、「Screen Commander」というのをインストールすればいいだけ。そうすると、タスクバー(画面のいっちゃん上の線)にこのソフトのアイコンが表示されるのでそれを右クリックして「この画面(外部モニターの事)を非表示にする」あるいは「もう1つの画面(本体モニターの事)を非表示にする」とか、「どっちも非表示」「どっちも表示」とか選べる。両方の画面が真っ暗になってもマウスポインタは表示されているので、普通に1クリックすればまたステータスを変えられる。ちょ〜優れソフト。素晴らしい。

Point2:本体を開いたまま或いは本体スピーカーを有効にしたまま外部ディスプレイを使いたいなら、
『Screen Commander』をインストールすればいい。



以上、刺さる人にはめっちゃ刺さるであろうエントリーでした。独り言やけど。


p.s.

当然インターフェースはデュアルディスプレイのそれなので、起動したソフトのウインドウはまず本体に表示されるので、それを外部ディスプレイにひっこずって…とかしないといけないし、外部ディスプレイの電源を切る時などはちゃんと本体にそのウインドウをひっこずって戻しておいて…とかしないと変な事になります。あと、難点だけど本体ディスプレイは真っ暗になりますがキーボードのバックライトとTouch Barは光りっぱなしです。

それでも使い良いので、僕は基本もう全てのケーブルを繋ぎっぱなしがデフォ(電源も。充電100%でも)で、普段使わない時はMac自体をスリープにして放置してます。そしたら全部真っ暗になるから。で、再び使う時はマウス1クリックしたら全復帰するので継続。

MacBookを単体で使いたい時は、上に書いたようなちょっと面倒なひっこずって手順を踏んで、外部ディスプレイの電源を切って、繋がってるコードも全部ひっこ抜いて、で持ち運んで使います。

その手順が面倒で、すっかりMacBook自体を単体であまり触らなくなり、以前よりインターネットからさらに遠ざかりました。

27インチ4Kのモニターなので、その代わりYouTubeを見る時間がめっちゃ増えた。ちなみにAmazonプライムビデオは何とPCは4K非対応。ハイビジョンと4Kの間みたいな品質。意味が良く分からん。微妙にしょうもな、と感じる最近のAmazon。ちょっと値段上がったしね。プライム(それでも安いけど)。
関連記事
2019/09/26 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【加湿器】 ハイブリッド加湿器 HD-RX518 / ダイニチ | ホーム | 【美味しい】 韮と薄揚げと卵のキムチ炒め>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

https://jiro.blog.fc2.com/tb.php/1402-30119f1b
| ホーム |