【飲酒】 芋焼酎の飲み方
黒伊佐錦芋焼酎の湯割りが体に一番優しいみたいだけど、そもそもの味が全然好きではないのでこれまで飲んでこなかったけど、導入する事にした。寄る年波には勝てない。

で、何がいいか調べる。

安くて、どこでも買える定番的なのがいい。出来れば工場メイドっぽいのでなくて、家内制手工業的なやつがいい。黒霧島ってのが定番っぽい。そのもっと古い版みたいのが黒伊佐錦というやつっぽい。それに決定。前者がバリッラなら後者はディチェコってとこかな?乾燥パスタで例えると。

そもそも焼酎お湯割りの導入を決めたのは、憧れる樹木希林さんが、生前のドキュメントで居酒屋で注文していたから。芋を6:4で、と頼んでらっしゃった。

なので、同様に割ってみる。100度の湯で。

…濃いぞ。。僕はテキーラをショットで飲む様な人間なので、濃いのは別に苦手じゃない。ただ、バランスとして良くないと思った。5:5にしてみる。これだ!!

後からパッケージを見たら、5:5のお湯割りが地元では一般的ですと書いてあった。凄いな俺。

でも、僕はがぶ飲み派なので、半分割りすら濃いなとなって結果、焼酎1にお湯2ちょぃくらい。割るお湯の温度は80度。1杯200mlだと、焼酎60mlにお湯140ml。

ちなみに、一般的なレビューとして、黒霧島はアルコールのニオイがするそうですが、黒伊佐錦はそれはないです。また、黒伊佐錦の方が癖がなくて初心者向け、という事みたいですが、僕に言わせれば、癖がないもの程、逆説的に上級者向けではないかなって思います。本質的なものを感じ取れない人にとっては単にイマイチでも、感じ取れるならその凄さが分かる事も多いからです(それが凄いものである場合、ですけど)。黒伊佐錦は、凄い、とは思いませんが、かなり正直な会社なんだろうな、という事くらいは分かります。味、香り、手を抜いた様な違和感はないので。

1杯いくらだろう。その、1対2の薄い焼酎湯割り。…。62えん。安い!いい感じ!
関連記事
2019/03/07 | おいしい…飲み物 | コメント:0 | トラックバック:0____
<<【モノマネ芸人が本人を救うトレンド】 Mr.シャチホコ | ホーム | 【唐揚】 ニューミュンヘンの唐揚>>
コメント
コメントの投稿









▲投稿時に任意のパスワードを設定しておくと、投稿後の再編集が出来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

https://jiro.blog.fc2.com/tb.php/1329-9c21ca1a
| ホーム |