【作曲】 宅録とわたし
もう50さいだし創作意欲も特にないし、断捨離!

と、DAW機材一式(マイクやマイクスタンドやPCソフトやスピーカーから専用机やキーボードやオーディオインターフェースなど)とか、DJ機材(ターンテーブルやミキサー)も、全部売り払ったり捨てたりした。エレキベースもヤフオク!に出品中。

残ってるのはアコギ(捨てない。弾いている)と、エレキギター(弾いてないが捨てない)と、ベースアンプだけ。

そこにふいに、昔から憧れていたエレキベースの最新ver.の購入という出来事があり、それがトリガーとなって、初めてベースを真面目に練習しようというモチベーションが湧き上がり、ベースの教則本を新たに2冊買い、10年前に買って放ったらかしのエレキギターの教則本およびアコギの教則本も引っ張り出してきて、ベースもギターもアコギも全部イチから練習し直そう!と思い至り、前から持ってて放置してたギターのマルチエフェクターとエレキギターを出してきたり、買ったベースをベース用のマルチエフェクターに繋いで練習したり、ベースの練習にはメトロノームが要る!とBOSSのメトロノーム買ったり、ところで今時のMTR(Multi-Track Recorder。作曲に使う、内蔵ドラム、ギター演奏、ベース演奏、ヴォーカルの各パートを多重に録る機械)って、ひょっとして激安とかなん違うん(音楽の録音機材はコンピュータの進化で年々昔の1/10、1/100みたいな値段&ミニサイズ化してるから)?と思って調べたらやっぱし20,000円で8トラックSDカード録音&ドラムマシーン、サンプラー、内部マイク搭載、マルチエフェクター搭載、PCにUSBで入出力可という恐ろしいのが売られていて、かつPayPayモールなので16,000円で買えるという事で買ってしまったりして…

P3130046.jpg


P3130047.jpg


P3130050.jpg


… 結局、音楽に触れたいちばん最初、中2の時の状態に戻っちゃったというお話。



訳わからんフォークギターと、訳わからんエレキベースと、やっすいエレキギターと、FOSTEXか何かの、カセットテープに4トラック録音する、死ぬほどアナログで不便なMTR。

が、 アート&ルシアーのラッカー塗装の鳴るアコギと、安もんやけど気に入っているソリッドなフォルムのアリアプロのSSHピックアップ構成のメタリックレッド(好きな色)のストラトと、YAMAHAの高級ハイブリッドベースBB734Aと、iPadみたいなサイズと厚みだけど、圧倒的に豊かで格好良いガジェット感満載超高機能のZOOMのMTR、R8。

断捨離して、何もしない、どんどん自分をなくしていくという事も未来に対して端正だし豊かで格好良いと思うけど、老人がこうやって全てをリニューアルして、新たにコトを作る為にモノを足していくという事も格好良いと思う。

またそれが、誰かに届けたいとか動画をアップしたいとかバエとかの目的でなく単純に自分に対する純粋な探求というところも格好良い事と思う。

また作曲活動開始か。いいこと。
2020/03/13 | 独り言 | コメント:2 | トラックバック:0____
| ホーム |