クック膳
クック膳

ごはん(お米)について、独り暮らしなので、いままでは面倒がって“レンジでチンするあんちくしょう”系のそれで済ませていたんです(どんな系だ)。

ふつうにお米買って炊いて、冷凍しとけば、それがいっちゃんンまくて経済的、ということはもちろん知っていたんです。ただただ、億劫で、最初の一歩が出なかったんです。

で、出まして(一歩が)、最近はちゃんと炊いています。

この、クック膳を使って。前から気になっていた調理器具だったので、炊飯器にせずに敢えてコレにしました。

結論としては、厳密には、ご飯は、炊飯器で炊いた方が美味しいのかもしれないなあ。でも、すごく神経質な僕が特に不服はないけどさ、と思う程度なので、微妙な話かもしれません。

それよりも、これまたちょうどよい機会だと思って、ちゃんとした魚沼産こしひかりの新米を買って食べてみてたんですけど、こっちについては、全然その値段分の意義、つまり味の差や価値が汲み取れなかったです。僕個人は、それなりに最低限ちゃんとしたお米であるならば、どれであってもそう変わらず、あとは研ぎ方・炊き方、食し方がすべてかな、と思いました。(食べる前に精米、とか、薪で、とかSo You話は抜きです)

話戻ってこのクック膳。ご飯を炊く能力は微妙ですけど、野菜を煮るということについては、スゴイんではないかな、と思ってます。

たとえばかぼちゃの煮付けなんて、かぼちゃ4分の1と、醤油大さじ1、砂糖小さじ1。
それだけなんですよ。それだけでちゃんと柔らかく煮れるんです。

つまり、ほぼ野菜自身の水分で煮る訳です。

結局、蒸気をほとんど逃がさず、かつ水分子を動かすので、茹でたり、蒸したりよりということは勿論、レンジで単にチンするよりも味も逃がさない、ということなんだと思います。実際に、相当に濃く野菜の味がしますし、ラタトゥユなども、調味料は全く要らないほど、濃い味に仕上がります。野菜自身の味で。

だから多分、作る人のセンス次第で、素晴らしい調理方法(調理器具ではなく)のひとつになるんではないでしょうか。

まだあまりいろんなことはしてませんけど、面白い器具を買ったな、とは思います。千葉真知子さん(←つくったひと)スゴイ。

料理、特にスロウなそういうの(素材を無駄にしない、とか栄養素の効率とか)に意識が高い人は、買ってみたら楽しいと思います。

→公式サイト

p.s.
ただ、1点だけ要注意というか、このクック膳、僕の家の電子レンジが非力なせいかもしれませんけど、付属の説明書レシピや、売られているレシピ集で指定された加熱時間では、全然無理です。大体は×1.5倍で、最大3倍くらい時間かかります。たとえば、僕の家の500Wレンジの場合、たとえばブロッコリ茹での場合、5分チン&2分蒸らしが良い感じでした。(マニュアルでは2分チン&冷水で急速冷却とあります。だいぶ違う)
続きを読む
2008/12/07 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |