【COVID-19】 コロナのワクチン性
地球環境の深刻な変化が加速する中、好む好まないに関係なく人類はライフスタイルを小さく謙虚なものに変える事を、しかも早急に急激に変える事を求められている。

でも人間の欲求は謙虚どころかどんどんと増長する一方で、ほとんどの人間はそれを反省しないどころか当然の事だと思うどころか、もっと、もっとと、さながら欲望の権化のような生き物になっている。

コロナは、そういう、自らに必要な地球環境が滅びるまで食い潰そうとしている不可逆な狂った価値観の人類(=地球の癌、ウイルス)の根本に強制投与されたワクチンのようだ。

環境保全であったり、自然環境を元に還す事であったり、命の存続だったり、いわゆる人類のサステイナブルに寄与する仕事、農家やお医者さんはそうだろうし、薬やティッシュとか、基本的なものを作っているメーカーもそうだろう。そういう仕事は勿論人類の存続の為に必須だ。

病院など一部特殊な事情がある場合を除いて、そういう、ほんとうに人類に必要な仕事は必要なので赤字にはならないし、ますます必要になるので長期的には売上は上がるだろう。

逆に、地球環境の保全や回復、人類の存続から遠い仕事は、本来的には衰退して然るべきとも言える。要は個人の贅沢に寄与するような消費であったり浪費であったりを促す仕事。規模あたりのエネルギー消費が大きい仕事。

一番には金融だったり不動産という概念が癌の真打ちだけど、話が分かりにくくなるので今エントリーはそういう概念的仕事は省略。人の手による原始的な仕事についてのみ触れる。ホストクラブとか高級クラブ。その点では最強ともいえる。高級ブランドや高級ホテル、高級飲食。家を基本に暮らすのがいちばんエネルギー消費は少ないんだから、自炊は当然推奨だ。ゴミも最少になる。そうなると外食産業もここまで沢山は本来全然必要なかった。すぐそこに来ている超高齢社会を考えると、外食産業のデリバリ化などはとても興味深い。また余分な外食が衰退すれば一等地の概念もなくなり、地価という概念のメッキも剥がれる。そして娯楽産業。パチンコも遊園地も音楽産業もそうだろう。プロスポーツの世界もそうだ。よく災害が起きたとき、これらの世界に属する人は「自分は無力だと思った」と言うけれど、実際にそうだ。人類の非常事態の際には無意味なスキルだ実際に(僕はJリーグを生き甲斐の1つにしているし、ギターを弾いて歌うのが趣味だしグルメ大好きだ)。そして、彼らは次に、音楽に何が出来るか、とかスポーツで何が出来るか、となって、元気がとか勇気がとかテンプレ思考な事を言うけれど、何も出来ないという事に気づかないといけない流石に。自分のアイデンティティから全員が離れないといけない時代が現代だし、そしてその事について本気で考えないといけない位今地球は非常事態になりつつある。コロナの前から。そして移動エネルギー。車、飛行機、高速鉄道。これらも淘汰されるべき対象になる。実際にJRは時間帯によって変動する変動価格の導入を検討している。素晴らしいというか当然だと思う。全員が同じ行動を取る日本人の価値観を破壊する事にもなって非常にいい(寿司詰めでも全員9時出勤を疑わない国民性)。乗客が以前のように戻る事は今後一生ないと思うので、必然的に切符の値段はもの凄く高くなるだろうと予想している。今の倍、3倍にはなるだろう。それでいいしそれがいい。買いたいモノは近所で買えば良いし、歩かずに座ったまま遠出してまで何かを買いたいのなら、その楽して消費する多大なエネルギーに見合う莫大な出費をして覚悟して行くべき。それがイヤなら何十時間もかけて歩いて行くべき。そういう事。様々な、現代では当たり前と思われている、決して当たり前ではない様々な仕事。発展して欲しいとか衰退して欲しいとか主観的な希望ではなくて、客観的に見て、環境や命から遠い産業を淘汰させる事でしか、環境を取り戻す手段は恐らくない。もう間に合わない。

不思議な事に、資本至上主義な現代の人間の空気なんて一切読めないコロナがそれを一気に見事に、命から遠い業種順に駆逐しつつある。

人の価値観とか美的感覚とか文化的側面とか、そういう事は命の存続と平穏な環境があって初めて成り立つものだ。それが自らの破壊活動によって決定的に脅かされつつある現在を、ほとんどの人間がまさかの無自覚無理解な中、今コロナがもたらしている無慈悲が、僕には中期的に見て人類にとって現状唯一最大の慈悲にすら見える。
2020/07/10 | ころなにっき | コメント:0 | トラックバック:0____
【清潔】 トイレのフタ
トイレで水を流すでしょ?

あれ、滅茶苦茶周囲に飛び散ってるらしいです。ま、そりゃ見た感じからしてそうでしょうね!とも思うけど、マジか!とも思う。収まってなかったんかよ!(設計として)という。

だから、オシッコ、うんち、なんにせよ、水流すときはフタをしましょう。眺めてちゃダメ。

50年生きてきて今になって。。もう少し早く知りたかったわ。まじ卍。
2020/06/28 | ころなにっき | コメント:0 | トラックバック:0____
【近未来】 withコロナの時代
恐らく来年か再来年、コロナのパンデミックは収束するだろうけれど、かつてのような世界を取り戻そうとしてはいけない。

『不要不急の移動の自粛』

という概念は、今後当然のモラルにならないといけない。経費と比較して効果の少ない出張、自分の快楽の為だけに莫大なエネルギーを浪費する近代の常識、海外旅行だったり、自己実現の為の安易な飲食業とか。極めて割高で低クオリティな観光客目当ての商売とかいろいろあるけれど、それが客観的に見て不要不休な浪費、商売であるなら、それはなくなって構わない。

このコロナで世界中が止まった。にも関わらず、このほとんど止まった世の中のエネルギー消費ですら、温暖化を止められるペースを下回っているんだそう。僕はその事にとてもショックを受けた。考えているよりも遙かに地球環境の未来は厳しいみたい。でもほとんどの人は未だにその自覚すらない現状。

あと5年だか10年だか以内に、エネルギー排出量を一定目標(コロナ禍ですら達成できない位、厳しい数値)まで落とせなければ、その後一切エネルギーを排出しなかったとしても、もはや不可逆で温暖化は加速し続ける、ていう事はみんな知ってるのかな?すぐ近くに現状では全く達成ムリな厳格なタイムリミットが迫ってるという事を。

今オーストラリアの森林火災もそうだし、砂漠化の加速もそうだし、世界各国の永久凍土の融解やそれによる災害(昔のウイルスが氷解によって放出される)、北極の問題もある。手つかずといっていい。超ハイペースで壊れっぱなし。

昔は、個人の消費が地球環境に影響を及ぼす因果関係なんてなかった。でも今は違う。1人がコンビニで単価の高い物質消費をしている事が、地球の反対側の島を水没させる一因になり得てる。

みんなあまりに無自覚過ぎる。世界一便利=莫大に贅沢=莫大なエネルギー消費をして生きている標準的日本人は人10倍劇的に謙虚にならないといけない筈なのに。

だからコロナが過ぎたら、と、昔みたいな贅沢な事の復元を求めるのでなくて、このコロナでやってた生き方を未来永劫、最低基準にしないといけない。それでもまだエネルギー消費の抑制には足りていないんだから、それで得た学習でさらに謙虚にしないとダメだと思う。

これからは、本来必須ではなかった経済オリエンテッドなものはどんどん潰れていく。さっきも書いたけど観光目当ての売店(美味しいから売れてるんでない、ある種の既得権益。殿様商売)とか、新幹線なども存在意義が問われるようになるだろう。片道10万円とかになればいい。それでも必要な人だけが乗れば良い。海外旅行なんて100万円~になればいい。昔は実際そんなだった。今は簡単に庶民が莫大なエネルギーを消費出来すぎる。みんなが昔の王様レベルしか出来なかった事をしている。そりゃ温暖化は止まらんわ。ディズニーランドとかユニバに頻繁に行くってお金を使うとか、洋服やブランドにお金を使うとか、誰の何のためにという事を考えた時、限りなく自分の為に、かつ完全に無個性に、既成の搾取モデルに飛びついてるだけの行動は地球になにもプラスをもたらさない単なる環境破壊行動だ。タピオカとかインスタとかもそう。明るい光に集まる虫みたいな知性。しかもそういう人が愚かとは見なされず、何なら充実していると思われる現代の日本人の価値観の低レベルというか意識の低さ。いろいろもう致命的にしんどい。そもそも進化してきたのはモノや機械やノウハウだけであって、人類は常に劣化し続けてきたけれど、ここ最近の急激な劣化はあまりに酷すぎる。大人が小学生くらいのレベルになってる。逆に小学生が大人みたいになってる。人間あるあるな、反面教師的ギャップなんだろうけど。

生き物を冒涜する国民性の中国からもたらされたコロナが、人類に最後警告を言い渡したと例えられたりするけど、それは本当にそう。

そしてみんなが思うよりも遙かに遙かに厳しい未来が待ち受けている。厳しい未来というのは、去年おととしの激甚災害すら可愛いものだと振り返れるような、人間の想像を超えるような災害が当たり前に起こる世の中になるという事。

ある程度の年齢以上の日本人については完全に自業自得なので、どうでもいいというか、ざまあみろ、むしろ滅びろ、と思うけど、小さい子供ちゃんたちにはなんの罪もないからとっても気の毒に思う。
2020/06/28 | ころなにっき | コメント:0 | トラックバック:0____
【イギリス】 子供の外出規制緩和
イギリスでは90日ぶりに、1日1時間に限って子供の外出規制を緩和する、みたいなニュースで子供にインタビューしてて、その子が「サッカー出来ていなかったので良かった」とか答えていて、その子が来ているパーカーがセルティック。え?スコットランド?て思ってよく見たらボストンセルティックスで、いやアメリカ!んでバスケ!と、ツッコミどころ満載の子供だった。

そんだけ。イギリスの子供の外出規制緩和についてはどうでもいい。
2020/04/27 | ころなにっき | コメント:0 | トラックバック:0____
【テイクアウト】 津の田ミート新神戸店のハンバーグ&唐揚げお弁当
津の田

うちの近所に、ハンバーグ&和牛ステーキの店が出来て、早…3年?2年?

一度は行くぜ!と思っていたんだけど、お昼のハンバーグ定食が900円台から1,100円台くらいに値上げした(ちなみに立地的には相当家賃が安いであろう地域なので、高ぇなって)のと、あと、これが決定的なんだけど、こちらのハンバーグ、ナイフを入れると肉汁が『溢れ出す』のが特徴というかウリみたいで、一方僕は、塊肉であれハンバーグであれ『食べる前に肉汁が溢れ出したらそれは失敗』という考え方なので、全くもって反りが合わない。ので逆に『このお店は存在してないものと思う』事にしてた。

なんで肉汁が溢れ出したら失敗だと僕が思うかというと、肉料理の上手な加熱法というのは、如何に肉汁を外に漏らさず、かつ熱を加え過ぎずに調理するかというそれこそが至上命題で、外は香ばしく、中はレアでジューシー。『口の中で初めて』肉汁が溢れるというのが理想だと考えるから。そしてトップの料理人たちはそれを実現する為にあれこれ試行錯誤されているというのをテレビで沢山見たし、例えば具体的にはカリスマ(陳腐なワード表現でごめんなさい)精肉店店主の新保吉伸さんは以下のように。

「切った時に、テレビ的な事言えばワー肉汁がーとか言うんですけどただあれ脂が溢れてるだけなんで、皆さん、脂が溢れてるのみてワー言うてるだけで、だって肉切ってあんなんジュワーって、おかしいですよね?」

ですよね。うん。

そんな中、このご時世(コロナ)故、店舗での営業をやめて店頭でのお弁当お惣菜営業をされてた。わ、これはチャンス!何がチャンスかというと、店内よりはリーズナブルにかつ、お弁当なんならハンバーグに自然と熱が加わって、僕が嫌う肉汁どばーはないであろうと。

早速買って来たよん。ハンバーグ弁当税込900円。税抜だと818円。僕は酒のアテなので御飯が要らない。御飯抜きってないんですか?と聞いたら、10分待って頂いたら作りますとの事。作りたてが貰えるし安くなるし(100円オフ)サイコウ。でも今日現在、店頭にはない商品なので、御飯抜きでお願い出来ますか?と各自聞いてみてくださいな。

お弁当、味の感想。

僕の買ったハンバーグ&唐揚げ以外に、&海老ふりゃあと、&クリームコロッケの3種類から選べる。で具。ポテトサラダと玉葱と人参の千切りと水菜が入ってる。ポテトサラダは、マヨ控えめで胡椒なしで、ペースト状のとゴロンとしたの2種類を混ぜた茹でジャガイモ。唐揚げは竜田揚げタイプでローソンのからあげクン大のを3つ。うん。

ハンバーグ!のお店!

口に入れた瞬間に『あー。いい肉のやつ』て分かる。何て言っていいか難しいけど、ある程度いい肉独特の匂い。空気に触れたばかりの新鮮な血液のような、赤ワインのトップノートのような鋭いツンとしたスッとした匂い。咀嚼する。凄くはないけど美味しい。スーパーとかでは買えないやつかな。僕がA5とか4とか脂がウリの肉が嫌いな理由なんだけど、脂(ラード的な成分)がべたっと口にまとわりつく。普通の人はこれが美味しくて嬉しいんだと思うけど僕は重くてくどくて嫌。これは高級の裏返しではない。黒毛和牛のラードなんてタダでスーパーで手に入るからね。足してるなら嫌なお店だし、ナチュラルなら仕方ないって事だけど、肉汁溢れ出すのがウリからすると…。お口にチャックかな。

お弁当仕様だからか、ソースがステーキソースでも純粋なデミグラでもなく、とんかつソースというかウスター系の安い味ベースのブレンドソースだった。普段使ってる出汁やデミグラ、或いはハンバーグを焼いたフライパンに水をかけた汁などを、赤ワイン?(使ってない?)とかと市販のとんかつソースを混ぜたもので薄めたみたいな。ソースのせいで、より家庭感が溢れ出てて、ちょいと残念。

以上、文句ばっかり言う嫌な人間の感想。一般的には『美味しかった!でもちょっと高いかも』がいちばん多いと想像。次が『美味しいかった。また来週も買おう』という、お金を持っている、或いは値段をあまり気にしないタイプの人。

ハンバーグ好きな神戸市中央区の徒歩圏の人(駐車場の用意なし)は、是非自分で行って自身で感じてください。で気が向いたら僕のズレをコメント欄にて自由に指摘してください。

詳細は分からないけど、定休日を除いて朝(10時?少なくとも11時には開いていた)からずっと営業してるみたい。(以下すべて税込)メンチカツ3個入500円、ローストビーフ丼(値段みてない)、唐揚げ(値段みてない)、もう2種類くらいあったな…。オムレツだったかな…。忘れた。

店内レジのところに、個別精算(たぶん複数で来てそれぞれが精算するパターンの事と思う)はカード使用不可です、と書いてあったのと、PayPayや楽天ペイ等のステッカーがなかったので、=キャッシュレスはクレジットカードのみのお店みたい。カードを使うと5%オフ(軽減税率)対象のお店だけど、それらから考えるに、お弁当については現金のみ対応なんでないかな。

以上。ご馳走様でした。
2020/04/17 | ころなにっき | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |