【最高】 ゆでササミ
1・ササミに軽く砂糖をまぶす(水分を放出させない為らしい)
2・水を張ったフライパンに入れ、沸騰直前(湯気が出てフツフツ)まで加熱
3・火を止めてフタして20分待つ

これだけで、ふわっふわなササミが出来上がる。マジで感動する位ふわっふわ。サラダチキンの100倍美味しい。鶏肉屋さんがテレビで言ってたレシピ。

一番小さいフライパンがいいと思う。茹でる水が少ない分、旨みの流出が最小限だから。あと、加熱も強火がいいのかなと思う。一気に外側を固めた方が旨みの流出を防げる気がする。

食べ方は、一口大にぶつ切り。味付けは、レタスをどうやって食べるのか、てのと同じ考え方。ドレッシングで食べるのが無難。僕はピエトロのライトタイプで食べてる。煮詰めたバルサミコとかもよさそう。醤油など塩辛いものは合わない。単体で舐めても美味しい位の塩分のものなら合うと思う、ケチャップもダメ。強すぎる。
2019/11/03 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【スープスパゲッティ】 アラモンタン by モンタン(青森県弘前市)
あらもんたん材料(1人分。矢印は僕のアレンジ)

・ベーコン(5cm幅) 2枚
・ニンニク(薄切り) 1/4
・サラダ油 少量
・玉ねぎ(薄切り)1/6個
・ピーマン(薄切り)1/4個
・スパゲッティ(太めのもの)100g
・塩 小さじ1
・無塩トマトジュース 180cc
・水 180cc
・カエンペッパー 2振り
・ホールトマト 1個(1缶でなく1欠片)
・粉チーズ 大さじ1
・パセリ 少量



作り方

1、スパゲッティは袋の表示通り茹でる。
2、フライパンにサラダ油を入れ、ベーコン、ニンニクを加えて香りが出るまで炒める。
3、玉ねぎ、ピーマン、茹で上がったパスタを加え、全体を炒め合わせたら塩で味を調える。スープとの相性を考えて塩味は強めにする。
4、別の鍋にトマトジュースと水を入れて火にかけて沸騰させる。
5、器にカエンペッパーを入れ、熱々のトマトスープを注ぐ。3のパスタを入れ、上に炒めたピーマンや玉ねぎ、ベーコン、ホールトマトを乗せる。仕上げに粉チーズ、パセリをふって完成。
続きを読む
2019/03/25 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【レトルト】 キユーピー あえるパスタソース たらこ
たらこ

キューピー、でなく、キユーピー、て知ってた?

ま、それはいいとして、バブルの時代よりちょっと前くらいにあったスパゲッティブーム。ボンゴレだったりボロネーゼとか、今定番となってるパスタの多くがこの頃に定番化した。

特に、たらこスパゲッティは、当時登場して、それをキユーピーが一般化した。世間を席巻(←しゃれ)した。今でも普通に売ってる。レトルトパスタソース界のレジェンドだ。

当時お店で提供されていたたらこスパゲッティは、茹でたあとバターなりオイルで炒めて水気を飛ばしたスパゲッティーニの上に、

aisu

これのsmallサイズので掬ったたらこを真ん中に盛って、その周囲に刻んだシソを盛って提供する、てものだった。刻み海苔は乗ってなかったんでないかな?当時。どうだったかな。

ま、それはいいとして、このキユーピーのあえるパスタソースシリーズの話。僕は多分このシリーズ全種類食ってる。出る度に買って。

もう一度買う価値がある、と思えたのは、1つしかない。あとは全部不自然な味がする。その1つは、ミートソース(フォンドボー)。これ、奇跡みたいに美味しい。味から旨みから香りから、バランスが凄い。

一方、キユーピーのアイデンティティになった、たらこ。これはあんまし美味しくなかったんだな。雑味というか、たらこも美味しくないし、香りも良くなかった。要は不自然な味だったんだな。

ところが最近味がリニューアルされて、めっちゃ美味しくなった。ミートソースじゃないけど、バランスが凄い。自然な味がするし。オススメ。常に常備しとこうと思う。

ま、それはいいとして、←
続きを読む
2018/11/11 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【冷食】 お水がいらない 長崎ちゃんぽん発祥の店 四海樓 / キンレイ
お水がいらない四海楼


冷凍の、長崎ちゃんぽんをたまに食べます。

ニッスイの冷凍ちゃんぽんって、値段の割に滅茶苦茶レベル高いなぁ、といつも思っていて、一方リンガーハットの冷凍食品通販、滅茶苦茶に高ぃなぁ、と思っていて、それでも、どっちもたまに買って食べてました。

最近発売されたこのちゃんぽん。

やべぇ、ってもんではない、凄まじく美味しい。特売の時には200えん程度で売ってる時もある。世界一安くて美味しい凄いちゃんぽん。海外だったら、調理したものをお店で出したら、1,500えんでも大評判になるのでは?

このちゃんぽんの為だけに、キンレイは新たに工場?ライン?を作ったんだそう。それだけの事がありすぎる。

キンレイ

これは野菜を炒める機械みたい。こういう設備を、工程の分だけ5つも6つも新たに用意したんだそう。(末尾リンク参照)

長崎ちゃんぽんは、中華鍋で炒めた野菜にスープを入れて麺を入れて、と、炒める事による力強さ、香ばしさが前提なので、リンガーハットは、そもそももう店舗がIH調理になってて、茹でちゃんぽん、なんちゃんてちゃんぽん、て感じで、香ばしさというものは一切ない、ちゃんぽんもどき。分かっててもこれしかないので我慢して(昔のリンガーハットは良かったなあって)、買ってたけど、ホンモノに近いのが激安で出た。感謝。

ちなみに神戸には、本来の作り方(中華鍋で炒めて作る)をやってるお店はいくつかあるけど、そもそもあんまり美味しくない、というちゃんぽん屋さんばっかり。明石にあるチェーン店の、長崎ちゃんめんさんだけは超美味しいけど。

凄く太麺で、つるつるなので、持ち上がり(麺がスープを絡める度合い)が少なく、これはこれでいいの?という感じあるけど、それ以外は完璧。

やった!とばかりに、冷凍庫に2つないしは3つ常備。

弱点は、多分ラード?炒める脂が動物性油脂、てのが長崎ちゃんぽんの旨み香ばしさの原点だと思うので、当然ハイカロリーって事。

キンレイさんは、凄い。全部の商品が凄い。

→キンレイさんがこの商品の為のだけに工場の設備を作った事を全部紹介したページです。
2018/04/18 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
【単純】 ピーマンの丸焼き
cached.png


最近、調理の概念、いろいろ変わってきてますね。野菜や果物も皮の方が栄養あるよ、とか、加熱、切り方などもずいぶん常識が変わった。

ピーマン。

横切りでなく縦切りに、とか言われるけど、それ以前に綿と種の方にこそ栄耀があるので、出来ればヘタ以外生で全部食べたいところ。

でも生は不味いし、そもそもピーマン、加熱してもあんまり美味しくないけど、このやり方なら美味しいし簡単、て事で、僕の中で最近頻繁にやってるのが、ピーマンの丸焼き。

甘くてふわふわで美味しい。

魚焼きグリルとか、オーブントースターとか使っていろんな加熱があるんやけど、どれもピンと来なかったので、自分でいろいろやって、ベストな感じを見つけた。

オーブントースターで230度。余熱は要らん。洗ったピーマンをさっと振って水切って、直に網に並べて10分〜20分。以上です。時々暇なら90度とか転がしてあげよう。あまり焦げない方が美味しいから。そもそも生で食えるので、加熱時間は好み。栄耀と美味しさを天秤にかける感じ。俺は美味しさ重視なので、トータル20分とかかな。

塩ふって、マヨネーズかけて、焼肉のタレ、ウスターソース、鰹節とおかかとポン酢、なんでも美味しい。ふわふわで甘いんだから。

おかずにはならない。おつまみかな。丸かぶりして、ヘタだけ、ぷぅっ、と出す感じ。

おすすめ。
続きを読む
2017/12/19 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム | 次ページ