【広島お好み焼き】 いっちゃん レシピ@ホットプレート / 市居馨さん
<生地(4~5枚分)>

薄力粉 100g
塩   ひとつまみ
牛乳  250ml
卵   1個

<具(1枚分)>
粉がつお or 魚粉 ひとつまみ
キャベツ 250g
天かす  5g
もやし  40g
豚バラ肉(薄切り) 2~3枚

お好み焼きソース 適量
青のり粉     適量

1.ボウルに薄力粉、牛乳、塩、卵の順に入れ、泡だて器でダマをほぐすように混ぜ合わせ、30分ほど休ませる。
 (ポイント)
  牛乳と卵を入れると、生地を伸ばしやすくなり、作りやすくなる。
2.キャベツの葉を1.2cmに千切り。芯は約7mmで千切りする。
 (ポイント)
  柔らかい葉は幅広く、固い芯は少し細めに切り、焼き上がりの食感を調整する。
3.160℃に温めたホットプレートにサラダ油をひき、(1)の生地をおたまで素早く20cmほどに広げ、粉がつお、または魚粉をふりかける。
 (ポイント)
  160℃より温度が高いと、生地がうまく伸びない。
4.温度を250℃に設定し、3の上にキャベツをやさしくふわっと置く。
 (ポイント)
  キャベツとキャベツの間に隙間を作ることで蒸気の通り道ができ、早く焼ける。さらにキャベツの甘みが引き出せる。
5.(4)に天かす、もやし、豚バラ肉をのせ、1分ほど焼く。
6.ヘラで5を盛るときと同じようにやさしく裏返し、5分ほど焼く。
 (ポイント)
  蒸気の通り道を維持するため、できるだけ触らないで待つこと。周りのキャベツが焦げてきたら、それを生地の下に入れ込むか集めて、お好み焼きの真下に来るようにする。
7.ヘラの端で生地を上から押して抵抗感なく下がったら、キャベツが十分に蒸せている目安。
 (ポイント)
  春キャベツや寒玉などキャベツによって、最適な蒸し時間も変わる。そのことを考慮せずに仕上がりを判断できる手段がこれ。
8.ホットプレートの空いているスペースに、ゆでた中華麺を置きサラダ油を少量たらし、軽く炒める。
9.(8)の上に、お好み焼きをのせる。
10.ホットプレートの空いているスペースに卵を割り、ヘラでお好み焼きと同じ大きさに広げ、お好み焼きをのせ、裏返す。
11.お好み焼き用ソースをかけ、青のり粉をふり、完成。
続きを読む
2020/05/04 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【マルちゃん焼きそば3袋入を使って】至極のeasy焼きそば
IMG_20170726_194954.png


自分用のエントリーです。

麺60えん+卵20えん+もやし20えん+その他10えん?+豚肉120えん=230えん!で、高級なお店の味みたいになります。すごい調理法。

<材料>
・マルちゃん3袋入焼きそば(ソース味):そば1袋
・もやし:1/2袋
・豚バラ肉:50g
・青葱:千切りを適量
・生卵×1

ソース(以下をよく混ぜておく)
・付属の粉末ソース:1/2袋(5g)
・水:大さじ2
・ウスターソース:大さじ1
・醤油:大さじ1→なし
(以下もとのレシピにはないけれど)
・紹興酒:大さじ1(紹興酒がない場合は日本酒10cc+砂糖小さじ半分とかでいいんちゃう)



作り方


麺を適当な器に取り出し、レンジで1分(500W)。

2
フライパンに油を大さじ1入れて熱し、1を、四角形の形を崩さない様にそっと入れ、フライパンの底に炎が完全に当たってる程度(ガスコンロの7、8割程度?)の強火で熱する。(この後3分、裏返して2分熱し続ける事になる。いっさい触らないまま)。そして一口大に切った豚バラ肉をフライパンの脇に場所を作って投入。これもあまりいじらず、表、カラッと焦げ焼けたら裏、と焼いて、先に取り出しておく。フライパンを軽く回し、滲み出た脂をフライパン全体に、麺全体にに絡むようにする。


麺が、ちょっと焦げすぎたぞ、みたいな状態(キツネ色どころか、焦げ茶になったかも…くらい)に表も裏も焼けたら、火を止め、もやしと取り出しておいた豚バラ肉をフライパンに投入し、麺はその上に置く(もやしと豚バラを、麺の下に敷く)、で、一番上にある麺の上に、作っておいたソースを回し入れ、固まった麺をゆっくりと丁寧に菜箸でほぐす。いくら時間がかかってもかまわないので、よくほぐす。


ほぐしたら、強火をつけ、全体が混ざるように、全体の水分が蒸発しするまで、加熱しつつ混ぜる。


皿に上げ、葱を散りばめ、真ん中に菜箸で穴なスペースを作って、生卵をそっと割り入れる。青葱散らす。


好きな感じで生卵を混ぜつつ食べる。
続きを読む
2017/07/25 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【時短お総菜】 さば缶のさっぱり南蛮 by NHKきょうの料理
さば缶


だいすきな斉藤辰夫センセーによるレシピ。作る時間が全行程5分!なのに煮物っぽいというスーパー時短お総菜だったので、メモ。お酢とミョウガを使った夏メニュー。ふつうにとても美味しいし、とても栄養バランスがいいと思う。夏のお総菜。

<材料>
・青じそ(=大葉ね)… 1ワ(約10枚)
・みょうが 3コ
・さばの水煮 (缶詰) 1缶(160g)
・厚揚げ (小) 1枚(130g)
・赤とうがらし (ヘタと種を除く) 1本

【A】

・水 カップ1/2
・砂糖 大さじ1(→俺は小さじ2)
・みりん 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・酢 大さじ1(→俺は大さじ2)


<作り方>


青じそは重ねて丸め、2~3mm幅の細切りにする。みょうがは縦半分に切ってから、斜め半分に切る。厚揚げは6等分に切る。


2
鍋に缶汁ごとさばを入れ、【A】、半分にちぎった赤とうがらしを加えて火にかける。煮立ったら1の厚揚げを加える。オーブン用の紙の中央に穴をあけたもので落としぶたをし、弱めの中火で3分間煮る。

3
2にみょうがを加えてさらに2分間煮る。器に盛り付け、1の青じそをのせる。

2人分出来ます。結構汁が出るので、1人につき茹でて冷水で締めたそうめん1束にこの料理をかけて、汁も絡めて食べたらめちゃくちゃ美味しいんちゃうかな。
2016/07/05 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【ヘルシー】 酢キャベツ by 小山浩子さん
酢の物。

僕はだいすきなんですけど、酢の物の基本って、酢と砂糖が1対1なものが多いです。酢を大さじ3使ったら、砂糖を大さじ3!!入れる訳です。結構暴力的な量ですよ。砂糖。健康そうでいて実は非常に非健康的な食べ物な場合が多い訳です。

なので、僕は白出汁を入れて甘みを出すなど工夫してるんですけど、非常にシンプルで良いレシピ見つけた。これなかなか。


ーーーーーーーーーー

酢キャベツ

材料
キャベツ  1/4玉
すし酢   75ml
水     75ml
ローリエ  1枚
粒こしょう 5粒

作り方
(1)キャベツを千切りにする(なるべく千切りにした方が酢が早く浸透します)
(2)鍋に酢と水を1対1の割合で入れる
(3)鍋にローリエと黒コショウを入れる(黒コショウは半分に切ると香りが立つ)
(4)火にかけ煮たってきたらキャベツを入れる
(5)入れたらすぐに落し蓋をするとより少ない酢で早くキャベツに味が浸透する
(6)落し蓋をしたら3分中火で煮る
(7)3分たったら火を止めて火から外して味を浸透させる
(8)後はお好みの味になるまで待って、味が付いたと思ったら完成です!

POINT
●香りを引き立たせる為に黒コショウを半分に切る
●落し蓋をする事で少ない酢でもOK
●2週間保存が可能

ーーーーーーーーーー


ていう。実際このままのレシピで作りましたけど、若干みずっぽいかなというか味気ないかなというのはありますが、砂糖ゼロですからね。バクバク食べられます。あと、3分しか煮ないというところと、ほぼ空だきというか、大量のお湯で煮たりしないので栄養のロスも最低限だと思います。この味でもの足りない人は、気分でマヨ足したりいりゴマふったりしたらいいんでないかな。カロリーほぼなしなんで、ここから何を盛ってもOKという。そして2週間保存がきくってのもいいです。

素晴らしいレシピ。小山浩子さんとおっしゃる方のレシピ。

黒胡椒のつぶなんてないよーて人は…鷹の爪?柑橘の皮?何かそんなんで代用出来るかな?


<以下、今回完全他人の土俵で相撲とったので書く、自分なりのひとこと知識>
砂糖って、単に甘みを加える、と思っている人多いですが、実際は甘みだけでなく、旨みを加える為の調味料です。塩もそうですし、胡椒もそうです。本レシピの場合、胡椒は、香りというよりはその部分で重要な役割を担っています。生姜もわさびも、単なる香味と思ってる人は多いですが、実際は香りよりも旨みの為に重要な食材だったりします。握り寿司のわさびは、魚の旨みを増しています。白身の寿司なんかでその事を意識して食べると、ほんとだ、と思って貰えると思います。
2015/11/02 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
【炊き込み御飯】 ツナごぼう御飯
僕はツナ缶を常備しています。また、生姜のスライスしたものとすりおろしたものを、小分けにして冷凍保存しています。加えて、めんつゆを、お気に入りの(味一の麺つゆ。関西超ローカルオブローカル)を、何袋か常に冷凍保存(1袋ストレート汁80g)しています。

そんな僕が、たまに粕汁やけんちん汁を作った時、ごぼう1/3本(たいてい1本を3つに切って入ってますよね。そのうちの1つ)が余って困った時に、何も買い物に行かなくてもすぐさま作れる美味しいレシピをきょう発見しましたので書く。

鶏ごぼう御飯ならぬ、ツナごぼう御飯です。美味しいです。ほぼ鶏ごぼう御飯みたいな味です。


<材料>
・白米2合
・ちっこい方の、油入りのツナ缶1缶(油はある程度切っておく)
・ごぼう1/3本(ささがき)
・生姜1片(みじん切り)
・めんつゆ(ストレートなら100g程度m濃縮2倍なら50g程度)

<作り方>

白米を炊飯器に入れ、2合分の水を入れ、めんつゆ分の水をそこから抜く。


めんつゆを入れ、よく混ぜる。


上記加工した材料をまんべんなくお米の上に乗せて、炊く。


炊けたらよく混ぜて、刻みネギや刻み大葉などを載せて頂く。


とても簡単で、超ふつうにおいしいょ。


追記

さらに上品な味のレシピ

・お米3合に増やす
・ツナは油も全部入れる
・牛蒡3本切りのうち2本使う
・炊けた後、薄口醤油10cc入れて混ぜる
2015/08/15 | レシピメモ | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム | 次ページ