【簡単】 お惣菜の揚げ物の温め直し方
スーパー等で買ったお惣菜の揚げ物や天ぷらなど、温め直す時にレンジ+オーブンという人多いと思うんですけど、もっと簡単なやり方があります。

テレビで紹介されてるのを自分なりにアレンジしたんですけど、ガスコンロの魚焼きグリルを使います。両面焼きタイプがベストです。

1/
お惣菜を魚焼きグリルに入れます。(アルミホイルなしの方が裏側までカラッとなりますけど網が汚れるのが嫌ならば敷くが良い。)

2/
火を付け、最小の火加減にします。

3/
2~3分待ちます。(例えばアジフライと唐揚げでは体積や高さが違うし、フライの衣は焦げやすいとか、ものの性質によって熱の通り方や焦げ方=高さがあると上の火に近いので焦げやすいとか、に差があるので、それは自分でアジャストしなさいよ。)

おわり。入れて3分弱火で加熱するだけ。凄く楽。

クリームコロッケだったり太く焦げやすいものなどは、3分以上加熱するんでなく、その後火を止めて2分置くなどして「余熱」で中まで温めます。

片面焼きタイプは、俺持ってないので知らん。途中で裏返すのかな?長めに加熱するのかな?自分で発見してみて。

予めグリルを温めておく必要はありません。いきなり入れて火を付けて3分でおkです。楽ちんちん╰⋃╯ちんぽこ。
2020/05/22 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【イギリス】 子供の外出規制緩和
イギリスでは90日ぶりに、1日1時間に限って子供の外出規制を緩和する、みたいなニュースで子供にインタビューしてて、その子が「サッカー出来ていなかったので良かった」とか答えていて、その子が来ているパーカーがセルティック。え?スコットランド?て思ってよく見たらボストンセルティックスで、いやアメリカ!んでバスケ!と、ツッコミどころ満載の子供だった。

そんだけ。イギリスの子供の外出規制緩和についてはどうでもいい。
2020/04/27 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【スマホ】 iPhone SE(第2世代)
iphonese.png

Appleからeメールが来た。iPhone SE予約開始だそうだ。iPhoneか。3GSを使って以来ご無沙汰。スティーブ・ジョブズが亡くなってからのiPhoneは、要は4以降は、もしスティーブ・ジョブズが生きていたら絶対販売を許さなかっただろうなという酷いデザインで、特に出目金みたいにカメラのレンズが出っ張ったやつなんて最低で、そもそも防水機能すらついてなかったりしていたので、見切りをつけてAndroidに切り替えたんだった。んだんだ。

iPhone SEか。ふーん。レンズ、そこまで酷くは出っ張ってないし、前のSEみたくアンテナ絡みのださださな上下の変な区切りもないし、シンプルでいいな。昔のiPhoneみたい。でも僕にとってはディスプレイ5インチ以下がマスト…4.7インチか。ほー。でも防水が…防水なんだ。へぇ。。

…。(ポチッ)
続きを読む
2020/04/18 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【最適解】 新型コロナウイルスによるパンデミックのベストな収束
現在国が行っているあらゆる対策は、本質的には意味を成さない、と僕は思っている。

当然、それに従って家にとどまっている全ての人の行動やいろんな自粛も、それが100%には到底なり得ない限り、根本的には意味を成さない。

ではどうすればいいのだろうと僕なりに考えてみた。法的な部分での可不可は置いておいて。

まず、たらればではなく、現状以降で物事を考える。

緊急事態宣言は5月6日までだが、うまくいけば一見収束気味というデータが出るだろう。でもそれまでの反動と安心感で、以降人は爆発的に動くだろうので、我慢した事が報われたかのような良好的データはいっきに帳消しにされるどころか、その後に真のパンデミックが起こるだろう。

そしてまた緊急事態宣言、ではもういたちごっこどころかデメリットしか生み出さないだろうので、もう一切外出規制はしないような政策に転換する。全ては通常通りにし、みんなが罹ってみんなに抗体が出来て収束する、という方向性に切り替える。

ただし、70才以上の老人は全員、食料品店や病院など必須の外出と、散歩等最低限の生活外出以外禁止、具体的には密度の濃い場所への出入り禁止を要請する。老人がパチンコ屋にいれば罰則という事だ。禁止されているエリアに老人がいれば1回につき10,000円徴収。デイケア等へ通う等も、命に関わらない限り極力自粛を要請する。密集禁止。孤独がどうのとか生ぬるい人権はもはや関係ないこの国難において。家で独りで延々と過ごすこと。期間は今年いっぱい。当然、子供や孫との接触も極力自粛する事。それは人間の良心に期待するしかないけど、そういう当たり前の接触こそが悪、という常識の植え付けを徹底する。

老人以外のいっさいは野放しどころかどんどん活動しましょう!という施策にする。入国規制等も一切なくす。子供もどんどん活動してOK。どんどん密集してOK。

要は重篤化や死亡の比率は老人が圧倒的で、新型コロナがインフルエンザの10倍〜だっけ?とか異常な死亡率だとしても、若い人はそうそうは死なないというデータ裏付けがある。皆が罹って抗体形成ってのが収束がてっとり早いし、そういうやり方だと少なくとも日本全体が死なないで済む。

プラス、抗体検査キット(すでに存在する)を出来るだけ早く全国の町医者に"有償"配布促進して、気になったら検査しましょう!という啓蒙活動をしそれを常識とする事で、罹って治った人がどの位いるのか、感染率と収束率を正確に把握する。今後の戦略作成、政策設計が出来るからね。

現在日本を仕切っている政治家と官僚が、人の命や日本を守る意識がとても低く、一部の利権や、"経済"や"資本主義"という形も根拠もない概念を守る事を最優先している過去型の価値観なタイプの人が主流で、かつその価値観を普通だと思っているのが日本国民の大多数という中、政治にも一般的国民の自主性にも何事も頼れない。なら自然に任せるという収束法が一番傷みが少なく効率的だと思う。もしこのパンデミックがエボラのようにすさまじい死亡率のようなものならこんな施策は勿論あり得ないけど、コロナは危険とは言え風邪。罹った人の1人がテレビでインフルエンザの20倍苦しいとか言ってたけど、俺インフルエンザ罹った事あるけど、ほんとに20倍も苦しければ多分その痛みで死ぬって。勿論人により全く症状は違うし若くても死ぬ人もいる。それは当たり前。普通の肺炎だってそう。

で、こういうやり方だと当然医療崩壊に即繋がるので、命に関わる通院や、救急車を呼ぶレベルの症状以外の大病院への通院は禁止する。システム整えないとダメだけど。オンライン診療と処方とかの。定義が出来ないので実際禁止は出来ないけど、要はコロナに罹っても基本的には全員家で治せって事。70才以上は僕の施策では全員家にいるはずなので基本的に罹らないはず。

このやり方で今年を貫くと、自然と強い人類になってるであろう&対策(薬とか医療機器とか医者でない人も治療に参加できる等の法整備とか)もそれなりに強化されているであろうと思う。

故、それなら来年以降ある程度収束するんでねえの?ていう。


整理するけど、この考え方の基本にあるのは、

1/
感染性の拡がりを甘く見てはいけないという事。(何をしても全員に罹る。イギリスでは50%程が感染しているんよ)

2/
とはいえ、老人を除いては現状、大勢にとってはインフルエンザみたいなもんだという事。

3/
日本政府(自民党とそれに属する官僚)に何かを期待してはダメだという事。

4/
日本人の真面目さや右へ倣えは、常に割と害悪になってるというか、実際はあまり意味を成してないという事。ついでに、現代の日本人の生ぬるさを再認識すること。SNSで頑張ろう動画とか、そういう事で励まされたりとか、そもそもたった1か月家にいるだけなのに、お腹も減ってないし死なないし暖かい快適な環境である人ですら、ストレスがーとか、現代人の体や精神が如何に貧弱で甘えていて幼稚か。また看護師や医師に感謝するのでなく逆に差別したりとかもはや意味不明。トイレットペーパーとかパスタとか買い溜める人も小学生の知性。

それに加えて今の多くの一般的日本人の経済的な図々しさや利己的さ主流の価値観。これを機会に日本人全員ちょっと昔(江戸時代。百何十年か前)に戻すというか、これまで当たり前と思っていた金とモノ中心の生き方を反省して、今後10年間くらい身の丈で小さく過ごしたらいい。 

そしたら温暖化や激甚災害も少しは収まるかも。ゴミも減るし。地球の癌になってる資本主義そのものもちょっとは変化するかも。
2020/04/11 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【懸賞】 ZOZOSHOESオープン記念10,000足プレゼントキャンペーン
KIMG0294.jpg

きたねえ足晒してすみません。ピンボケてるし。

前に、ZOZOSUIT(全身のサイズを計るタイツ)を発注した事があり、着てみて鏡みて大爆笑したAHA体験←があったなあ。面白かったなー。魅力的な商品が一切なかった為注文はしなかったけど。

社長さんは会社をヤフーに売り、ヤフーとしてもきっと全然うまくいっていないだろうのに、懲りずにまだ似たような事やって!めっ!!

ZOZOMAT!!

マットだからってマット(桑田真澄の息子)を起用するセンスも全然おもろうない。(マット君自身はだいすき)

抽選で決められた靴を10,000足プレゼントだそう。その前提条件が、スマホアプリで足を計測した人なので、興味本位でZOZOMATを取り寄せて計測してみた。そのプレゼントの10,000足は、なっかなかに微妙なラインナップで、そこにも会社さんの迷いを感じてせつない。

で、前のスーツの時もそうだったんだけど、スマホのカメラでやるんだけど、計測の難易度が驚くほど高い。やってみて、計測完了して応募できた人って10人に1人くらいじゃないかと思う。エラー出まくりで、その意味が分からず諦めた人が続出だと思う。

プレゼント対象の商品がいかに魅力的ではないとはいえ、標準的なサイズ(僕は26cm)だとそれなりに応募はあるだろうとか考えると当たる勝算は意外と少ないなと思ったので、極力不人気そうなのを選んで当てて、ヤフオク!で売ろうかなと考えて臨んだんだけど、この、アプリの計測成功の難易度の高さからすれば結構どの商品も勝算あるかも。

adi.png

最終的に選んだ靴はこれ。ぷw。なにこのヘンテコデザイン、しかも定価17,600円って、うそーん!とか思ったけど、よく見るとちょっと可愛らしい気もする。。これ、反対側(内側)に、3M、ってデカデカと書いてるねんで。なんのこっちゃww。3Mはマスキングテープだったり、あらゆるケミカル商品のクオリティが世界でダントツにトップだと僕は思っていて、尊敬しているので、僕には向いているかもしれないけど←、なんで3M?変なの。可愛い。

…当たったら自分で履こうかな

4月15日〆切。当選知らせはメール。それがいつ頃なのかは分からない。また、外れたら連絡無し。なかなかに不親切だな。

ともあれ、当たったかどうかまた追記に書く。
続きを読む
2020/04/02 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム | 次ページ